特徴

室内窓

大きな吹き抜けに面して、二階の個室に室内窓があります。

一階の大LDKと二階との距離を縮め、家族の一体感を増し加える仕様です。

二階にいながら家族が集う一階の、そして一階の家族は二階の子供たちの空気を感じ合います。

「大心柱の家」では、構造躯体が頑丈なので室内にも多くの開口部を設ける余裕が生まれます。

断熱性能も高いので外気との温度差をしっかりと保つことができ、二階のベッドルームが暑かったり寒かったりということもありません。

物理的に離れていても、家族の精神的な壁を厚くしないために開放的なプランを立てることがこのように可能になりました。

住む人が誰も孤立しない、そんな家に暮らしている自分と家族を想像してみてください。

 

関連記事

  1. 大採光
  2. 方杖
  3. サンシャイン・バード・アトリウム
  4. ゴールデン・アングル・スクェア
  5. ルーフバルコニー
  6. グランド・ピラー
  7. カウンターキッチン

いい家の7大要素

  1. ①明るい=毎朝の主婦業を助け、家族の健康状態も分かる
  2. ②広い=天才を育て、大人になった子供達も集まれる
  3. ③頑丈=自分と家族を守るシェルターと言えるか?
  4. ④長持ち=家族の歴史と子供たちの未来を意識できる
  5. ⑤適温=省エネなんか当たり前。寒いと体が辛いでしょ
  6. ⑥無害=健康を害して自宅に住めなくなる危険
  7. ⑦静穏=空気や光と同じくらい音にもこだわれ

友だち追加

▲大公開! クリスタル・ハウス松岡邸解体新書

▲インフルエンザに罹らない住環境を作れ

▲『揺れない家』木栓と金物の組み合わせ

▲山から始まる家づくり

▲樹齢111年の木の伐採

▲ノウハウ本、展示場、ネット検索はダメ!


PAGE TOP