パブリックとプライベートの概念を正しくとらえる

パブリックとは、単純に皆で共有する、ということではありません。「お互いに気持ちよく」共有するということです。それに対してプライベートとは自分の世界というわけではありません。他人に見せない世界ということです。

親子のコミュニケーションは習得するもの

子供のイジメをピタリと止めた昭和の事例からわかること

少子化だからこそ、「闘える」子供を育てなければ

①明るい=毎朝の主婦業を助け、家族の健康状態も分かる

②広い=天才を育て、大人になった子供達も集まれる

③頑丈=自分と家族を守るシェルターと言えるか?

著書

大震災に勝つ! 100年持つ! 最高の木造住宅を「安く」…

住まいを確立するということは、単に寝床を確保すればよいということではありません。単に一度の大地震で家が倒壊しなければ十分、ということでもありません。何度地震が来ても…

▲大公開! クリスタル・ハウス松岡邸解体新書

▲インフルエンザに罹らない住環境を作れ

▲『揺れない家』木栓と金物の組み合わせ

▲山から始まる家づくり

▲樹齢111年の木の伐採

▲ノウハウ本、展示場、ネット検索はダメ!


Twitter でフォロー

友だち追加

PAGE TOP